外観

アパート経営をはじめる|過去の失敗事例を把握しておこう!

不動産経営のポイント

物件

サラリーマンでもやれる有力な副業としてアパート経営は人気があります。中には失敗する事例も増えていますので、事前にマーケティングをしっかりとやり、協力業者を活用するなどして、空室リスクをできるだけ下げることが大切です。

詳しく読む

過去の例を参考にする

集合住宅

成功したいアパートの経営

せっかく土地を所有しているのならば、積極的に活用をして収益化を果たしたいという気持ちもあるはずです。賃貸アパート経営は、土地を活用した収益として有効な手段として、もてはやされています。一旦アパートを建設さえすれば、不動産管理会社が管理に関する全般を受付けて着れるので、後は毎月の入金の状況だけを管理すればいいというようにもなります。ただこのようにとても円滑に賃貸アパート経営を成り立たせるには、それまでに様々な場面で慎重に物事を進めてきたからだといえます。現実には賃貸アパート経営において様々な失敗の事例があります。これから賃貸アパート経営を検討しているのなら、失敗の事例もまた大いに参考としなければなりません。

過去の例に学ぶ

賃貸アパート経営の失敗事例として多いのが、入居者がなかなか決まらないことによる空室リスクです。空室が多すぎるという失敗事例を回避するためには、賃貸アパートの立地と家賃相場をしっかりと分析する必要があります。例えば、学生対象の物件が多い地域で家賃が高過ぎると、借り手が見つからないという事態に発展しかねません。そのため、周辺のアパートがどの程度の家賃でアパート経営を行なっているのか、下調べをした上で家賃設定を行ないましょう。また、借り手が入りやすいような近代的な設備を充実させると空室リスクを軽減させることが出来ます。若い世代から人気のあるフローリングやユニットバスなどの設備を導入しておくと、注目を集めやすいでしょう。

過去から学ぶ不動産経営

模型

人生設計をすることで老後の資金の不足などがよくわかるようになる。アパート経営をすることで、不足する資金を補うこともできる。ただアパート経営には多数の失敗の事例もあるので、それらを参考にする必要がある。

詳しく読む

アパート経営の手法

中年の男性

アパート経営は素人でもできる資産運用の方法でこれを始めることで毎月の家賃収入が得られます。しかしそこには空室というリスクも潜んでいますので余り辺鄙なところとか便利の悪いところ、自然災害が起きるような場所は要注意です。今までには失敗事例も多く発生しているのでよく調べ安心はできません。

詳しく読む