スーツの女性

アパート経営をはじめる|過去の失敗事例を把握しておこう!

アパート経営の手法

中年の男性

アパート経営はマンション経営でワンルーム物件を購入して1室を他人に貸し出すのではなく、数戸以上を貸すことになるという違いがあります。従って空室が出たら毎月の収入が即無くなるというわけではなくてバランス良く家賃が入るという魅力があります。しかし失敗事例もありますのでよく調べてから始めるべきです。マンション経営の場合は鉄筋コンクリートや鉄骨造など堅固な構造であり、建設費もかさみます。アパート経営は木造や軽量鉄骨造で建設費用も安上がりでしかも多くの人に貸せますから家賃収入も多く入って来ます。アパート経営はインフレになればそれなりに家賃もあげられますし、もしデフレになっても急に家賃を下げることはないとされます。アパート経営で住宅ローンを借りる場合も団体信用生命保険もつけられ安心ですし、完済期間も早いとされています。素人でも管理できますし面倒な場合は管理を不動産会社に任せることも可能ということで人気があります。

アパート経営で多くの室を貸している場合でも空室が出てこれが長引くと家賃収入が入って来ないことになり死活問題にもなります。地方において生活に便利なところでもないのに建てたという場合にこの問題が起こりがちです。ハウスメーカーとか営業マンの旨い話に乗るとこういう失敗事例も起こり得ることになります。アパートは木造の場合が多くその劣化の速度も速いものです。界壁構造が薄くて音が漏れる場合には住み手がつきにくいという失敗事例もあります。外観が劣化して来ると内部も同じと判断され近寄って借ろうという気にもならないということもあり得ます。ローンを借りる場合も変動金利で借りた場合は金利が上がった場合には返済金や収益に影響が出てきますから注意も必要です。この自然災害の多い日本で建設場所も海岸淵とかこれまでに災害が発生したような場所でないかどうかも確認し失敗事例とならないように注意する必要があります。